プレイマットおすすめ

【年齢別】プレイマットおすすめ6選|プレイマットのメリット・デメリット・選び方を解説

おしゃれプレイマットの選び方とメンテナンス方法 読む 【年齢別】プレイマットおすすめ6選|プレイマットのメリット・デメリット・選び方を解説 1 分 プレイマットはいらない?プレイマットを導入するメリットやデメリットなどについて解説

赤ちゃんや子どもがいるなら、プレイマットを導入するとさまざまなメリットを期待できます。

この記事では、おすすめのプレイマットとともに、選び方やメリット・デメリットなどを解説します。
それぞれの年齢に最適なプレイマットを紹介するため、ぜひ参考にしてください。

プレイマットとは

プレイマットとは、主に赤ちゃんが床で転んでケガをしないようにするために敷くマットです。そのため、ベビーマットと表現される場合もあります。
ただし、プレイマットには複数のメリットがあり、成長した後も使い続ける家庭も少なくありません。プレイマットがあれば、赤ちゃんや子どもが快適に過ごしやすくなります。


プレイマットが必要な年齢

プレイマットが必要になるタイミングは、生後4~6か月頃です。赤ちゃんが寝返りを始めたらプレイマットの導入を検討しましょう。
また、プレイマットの対象年齢は、0~2歳頃としている商品が多いです。すでに触れたとおり、成長してもプレイマットは使用できるため、長く使い続けられます。


プレイマットとジョイントマットの違い

プレイマットは、1枚のシート状のマットです。赤ちゃんや子どもの遊び場には、プレイマットではなくジョイントマットが敷かれる場合もあります。ジョイントマットとはタイル状の小さなマットであり、複数のマットをパズルのように組み合わせて使用します。マットを使用したいスペースに合わせてサイズの調整がしやすいです。


プレイマットとジョイントマットどっちがいい?

家事の手間や負担を減らしたいなら、ジョイントマットよりもプレイマットのほうがおすすめです。ジョイントマットは、マット同士のつなぎ目にある隙間にゴミが溜まります。プレイマットには隙間がなく、ゴミはマットの上に溜まります。そのため、掃除も簡単です。


また、赤ちゃんや子どもが遊んでいる途中でつなぎ目が割れる可能性もあります。プレイマットなら、そのように途中でバラバラになる心配はありません。


ただし、部屋の一部の必要な部分にのみ敷きたい場合は、ジョインマットのほうが適している可能性があります。


プレイマットのメリット

プレイマットを導入すると、さまざまなメリットがあります。以下でくわしく解説します。


子どものケガを防止できる

プレイマットを敷いておけば、子どもの転倒によるケガの防止になります。赤ちゃんが寝返り、ハイハイ、つかまり立ちなどをするようになると、うまくバランスと取れずに転ぶ場面も少なくありません。硬いフローリングの上で転べば、ケガをする可能性があります。プレイマットがあると、赤ちゃんが転んでもケガをしにくくなります。


防音・断熱効果がある

プレイマットには音を吸収する機能もあります。特に厚さ2cm以上のプレイマットは防音効果が高いため、赤ちゃんや子どもが遊ぶ際の物音が響く心配を減らせます。また、プレイマットには断熱効果もあり、フローリングの冷たさを感じず快適に遊ぶことが可能です。赤ちゃんや子どもが過ごしやすい環境を整えられます。


掃除がしやすい

プレイマットを敷いておくと、掃除の負担を軽減できます。ジョイントマットはつなぎ目の隙間にゴミが溜まるため、頻繁に掃除が必要です。プレイマットにつなぎ目はないため、こまめに掃除しなくて済みます。
また、素材によっては、抗菌、防水、防カビなどの機能をもつプレイマットもあります。


掃除の負担をより減らしたい場合は、床とマットの間にできる段差をロボット掃除機が乗り越えられるかが重要です。ロボット掃除機は2cm以下の段差なら乗り越えられるため、2cmまでの厚みのプレイマットを選びましょう。


プレイマットのデメリット

プレイマットにも、デメリットがないわけではありません。ここでは、プレイマットのデメリットについて解説します。


床とプレイマットの間に段差ができる

すでに触れたとおり、プレイマットには厚みがあるため、敷くと床との間に段差が生じます。段差につまずいて転ばないよう、注意が必要です。段差があると、赤ちゃんや子どもだけでなく、お年寄りも転倒しやすくなります。プレイマットの導入を検討する際は、段差が部屋の中のどこにできるかについても確認しましょう。


汚れが染み込むことがある

プレイマットを敷くと掃除の負担を減らせるものの、掃除が全く必要ないわけではありません。使用すれば必ず汚れるため、定期的にめくって掃除しましょう。使い方によっては汚れが染み込む場合もあり、丁寧に手入れをする必要があります。掃除の負担を減らすには、防水タイプや抗菌タイプのプレイマットがおすすめです。


ドアの開閉がしにくくなる

プレイマットをドアの近くに敷くとドアが開閉できなくなる恐れがあります。プレイマットの中には特に厚手な商品もあるため、自宅の状況を考慮して選択する必要があります。プレイマットを導入する場合は、事前にドアの隙間や開閉部分について確認しておきましょう。


プレイマットの選び方

プレイマットを選ぶ際は、チェックしたいポイントがあります。ここでは、プレイマットの選び方を解説します。


安全性の高さ

プレイマットは赤ちゃんのケガを予防する目的で敷くため、安全性の高さを重視しましょう。具体的には、衝撃吸収力を確認する必要があります。
また、プレイマットは赤ちゃんや子どもの皮膚に直接触れるため、安全性の高い素材が使用されているかどうかも重要です。安心して使用できる素材のプレイマットを選びましょう。


デザイン性

プレイマットにはさまざまな種類があり、デザインも多種多様です。たとえば、子どもが喜ぶかわいらしい柄のプレイマットもあれば、インテリアを邪魔しない落ち着いた色みのプレイマットもあります。デザインは、敷く場所や好みに合わせて選ぶのがおすすめです。ただし、プレイマットはデザイン性だけでなく、機能や素材などについても十分に考慮する必要があります。


メンテナンス性

赤ちゃんや子どもがプレイマットで毎日過ごしていると、汗、吐き戻し、食べ物、よだれといったさまざまな汚れがつきます。プレイマットは洗濯できない商品が多いため、拭けばきれいになる商品がおすすめです。
また、簡単に移動したり持ち上げたりできると、掃除の際もプレイマットをスムーズに扱えます。


【年齢別】おすすめのプレイマット6選

プレイマットは、商品によって特徴が異なります。
ここでは、年齢別におすすめのプレイマットを紹介します。


【0~1歳】PARKLON やわらかクッションマット

保育園でも愛用されている高品質なプレイマットです。純度が高いドイツ産の高品質PVC(非フタル酸)を使用しており、衝撃吸収力に優れており、ΔLL-6相当の遮音性があります。

。また、防水、抗菌、防炎に優れている機能的なプレイマットです。ロボット掃除機が乗り越えられる高さであるため、掃除の手間を減らしつつプレイマットを敷きたい人にも向いています。


【0~1歳】PARKLON シルキーポータブルマット200CM×140CM×0.8CM 【折りたたみサイズ 70CM×40CM×8CM】

引っ掻いても傷がつきにくいプレイマットです。安全性の高いポリエチレンでできおり、赤ちゃんの肌にも優しいサラサラした触感が大きな特徴です。折りたためるうえに専用バッグもついており、持ち運びできます。日常で使用するだけでなく、旅行や帰省の際も持っていけます。子どもが喜ぶ柄でありながら落ち着いた色みになっているため、重宝するでしょう。


【0~1歳】PARKLON PE プライム プレイマット 200CM×150CM×1.0CM

1.0cmの厚みがあり、転倒によるケガ防止と防音を両立しているプレイマットです。遮音効果はΔLL等級の上位クラスにあたるΔLL-7の評価を受けました。防水性にも優れており、つなぎ目もありません。ロボット掃除機でも十分に乗り越えられる厚みであるため、毎日の掃除も簡単です。また、軽量で扱いやすいです。厚みがある分、断熱効果も期待できます。床暖房やホットカーペットにも対応可能です。


h3:【0~1歳】PARKLON シルキープライムマット 180CM×150CM×0.8CM

おしゃれなデザイン性と機能性を両立しているプレイマットです。遮音性が高く、ΔLL-6の評価を受けています。赤ちゃんや子どもの肌に優しいサラサラとした触感ながらも、引っ掻き傷に強いことが特徴です。また、ロボット掃除機でも乗り越えられるため、掃除の手間を減らせます。軽量で扱いやすく、持ち上げて掃除をする際の負担も少ないです。


【2~6歳】PARKLON 特厚 ロールマット 幅が選べる7サイズ 厚み1.7CM長さ700CM

防水と抗菌に優れていて洗濯しなくても清潔なプレイマットです。7種類の幅があり、敷く場所に合わせて最適なものを選べます。セルフカットできるため、長さの調節も容易です。裏面にガイドラインがついていてきれいに切れるよう工夫されています。プレイマットを部屋全体に敷き詰めて使用したい場合にもおすすめです。1.7cmの厚みがあり、防音効果も期待できます。


【2~6歳】PARKLON 抗菌 折りたたみプレイマット クリーンフォルダーマット

厚みが4cmのプレイマットです。厚みがある分、衝撃吸収率は79.6%を誇ります。子どもが自分でジャンプできるようになっても、周囲への影響を抑えられます。また、国際機関で認められている抗菌PU生地を使用しており、清潔に使い続けることが可能です。何かをこぼしても拭き取るだけできれいになります。折りたたみでき、片面は隙間がないため掃除もしやすいです。

まとめ

プレイマットを使用すれば、子どものケガを防止しつつ防音や断熱の効果も期待できます。また、プレイマットはつなぎ目がないため、掃除もしやすいです。メンテナンスのしやすさやデザイン性の高さなどに着目して選べば、長く愛用できるでしょう。


PARKLON JAPANは韓国のマット専門メーカーの公式ショップです。機能性とデザイン性の両方に優れたプレイマットも豊富に取り揃えており、状況に応じた最適な商品を選べます。赤ちゃんや子どもが安全に遊ぶためのプレイマットをぜひ探してみてください。


「プレイマット」の商品一覧を見る


会社名:Y・G・I株式会社